OpenCIMForum‖オープンCADフォーマット評議会

OCF‖オープンCADフォーマット評議会

Open CIM Forum とは

  CIM Forumは、CIM(Construction Information Modeling/Management)の推進における技術的な課題に対して、ソフト・ハードベンダー一体となって取り組んでいます。
 ユーザーのCIMの取組みを支援し、CIM時代に対応した情報の流通基盤を提供します。


発足までの経緯

 国土交通省の提唱するCIMに関して、2012年9月よりOCF内にCIM検討WGを設置し、動向の情報収集やCIMを見据えた情報流通のありかたについての検討、既存データ形式による連携の実態調査・検証等の活動をおこなってきました。

 その後、2012年度末からJACICのCIM技術検討会に参画し、そこでの検討内容(今後の技術的課題とロードマップ案)を踏まえ、新たな活動組織の設立を準備するに至りました。半年間の準備期間を経て、2014年4月、より積極的にCIMを推進するための組織として「Open CIM Forum」を発足させ活動を始めました。

 CADに限らず広くCIMベンダーの参画を募り、個別ベンダーでは担いきれないCIM推進の課題に対応していきます。


2014年度活動計画(概要)

 2014年度からは、CIM検討WGを合体し「Open CIM Forum」として活動を一本化します。

 関連動向の情報収集、3次元や属性を扱える既存データ形式の調査・検証等を継続しつつ、国総研からのCIMモデル提案(LandXML準拠案)への対応、IFCの活用と実装のための活動等をメインに取り組んでいきます。

 また、それらを踏まえて今年もCIMセミナーの開催を企画し、CIM対応の進展をアピールします。対外的には、JACICのCIM技術検討会に参画するほか、九州地方整備局のCIM検討の支援、土木学会の全国CIMセミナー等での報告、等々様々な機会を通じて活動していきます。

 まだ始まったばかりです。引き続き参加メンバーを募り幅広い展開を目指します。

◇主な活動予定◇ WGの開催 :1〜2か月毎
CIM推進の支援 :九州地整CIM検討会支援、他
CIMモデルの検証 :LandXML準拠案への対応(必要に応じてタスクフォース)
OCF_CIMセミナー2014 :下期
その他 :
 CIM技術検討会、IAI日本 土木分科会、土木学会CIM講演会等
◇ 主な担当  ◇ ユーザーのCIM推進を支援する :福地CIM技術参与
CMモデルの検討・実装 :西木OCF技術顧問
セミナー企画・開催 :浦井理事



© 2017 OCF