OpenCIMForum‖オープンCADフォーマット評議会

OCF‖オープンCADフォーマット評議会

「OCF CIMセミナー2013」

 Open CIM Forumの活動開始にあたり、キックオフのCIMセミナーを開催しました。
 「CIM時代のデータ連携を探る」をテーマに、大学、国交省、IAIそれぞれのお立場からのご講演と、ベンダー6社による、既存ファイル形式を活用した具体的な連携イメージのデモをおこないました。
 多くの皆様にご参加いただき、また最後のデモまで熱心にご覧いただき、誠にありがとうございました。

 

◇ タイトル 「OCF CIMセミナー2013」開催のご案内
〜CIM時代のデータ連携を探る〜
◇ 開催趣旨 国土交通省の推進するCIMは業務変革の大きな可能性を秘めています。しかしその適用範囲は広く、とても一つのソフトウェアではカバーできません。むしろますます異なるフェーズや分野間での情報の連携・共有が求められます。このような認識のもとOCFでは、昨年よりCADに関わる既存データ形式の互換性の検証をおこなってきました。その結果報告とともに今後のCIMモデルの方向性、CIM時代のCADデータ連携の将来像を探ります。
◇ 日 時 2013年10月31日(木) 13:00〜17:00
◇ 会 場 関東ITS健康保険組合 山王健保会館
東京都港区赤坂2-5-6
◇ 参加者 約120名


■ セミナーの配布資料

  表 紙  
開 会 開会にあたって OCF代表理事 竹内幹男
基調講演 CIMモデルの方向性 大阪大学 教授 矢吹信喜氏
講演1 国総研としてのCIMモデルの方向性
  〜LandXMLの可能性〜
国土交通省 国土技術政策総合研究所 青山憲明氏
講演2 BIMとCIM
  〜両者の関係と標準について〜
IAI日本 代表理事 山下純一氏
講演3 CIMにおける既存モデルの活用
  〜LandXMLとIFCについて〜
OCF技術顧問 西木也寸志
デ モ 既存3次元モデル連携のデモ
  〜これからのCIMが見える〜
OCF会員ベンダー
閉 会 閉会挨拶 OCF理事(CIM担当) 浦井正勝


© 2018 OCF