OCF検定‖オープンCADフォーマット評議会

SXF技術者検定試験‖オープンCADフォーマット評議会

SXF変換トラブル事例
OCFに寄せらたトラブル事例、及び注意喚起の事例報告です。

No. 概略 掲載日 対象ソフト 内 容
5 部分図が消える 2012
11.1
非OCF検定認証CADで発覚 部分図名無し(NULL)のデータが出力されてました。SXF仕様違反ですので、読込み側のソフトの挙動は不定です。(部分図が消える症状のほかフリーズ等もあり得ます。)
4 P21ファイルのエラー 2012
11.1
Ver.3.20以前のSXF共通ライブラリを組み込んだソフトウェア ハッチング、クロソイド、用紙に配置した引出し線、256バイトの文字があると、正常なP21ファイルを開いてもエラーログが出力されます。SXFブラウザの場合は、エラーログ表示を実行すると表示されます。
3 極細の線幅に関する事象 2012
11.1
Ver.3.20以前のSXF共通ライブラリを組み込んだソフトウェア 線幅が0.00001未満の図形を含む場合、Ver.3.20のSXF共通ライブラリを使用しているソフトウェアがフリーズします。Ver.3.20より前のSXF共通ライブラリを使用している場合は、図形が消える可能性があります。
2 角度によるデータの欠落 2012
11.1
Ver.3.11以前のSXF共通ライブラリを組み込んだソフトウェア 360 度に近い角度を含む図形の場合、図形が消える可能性があります。部分図の配置角度が該当する場合は、部分図全体が消える可能性があります。
1 ショートベクトルによるデータの欠落 2012
11.1
Ver.3.11以前のSXF共通ライブラリを組み込んだソフトウェア 折線の一部にショートベクトル(隣り合う2 つの頂点の長さが0.00001mm)を含む場合、SXF 共通ライブラリではエラーとなり、折線全体が欠落します。

SXF変換トラブルに関するお問い合わせは、このメールフォームをお使いください。

© 2018 OCF