オープンCADフォーマット評議会‖OCF

活動内容とOCFヒストリー

2012年度の活動方針

■オープンCADフォーマット評議会(OCF)は、国のCALS/ECへの取組みの始まりを機に1998年に設立され、今年14年目を迎えます。SXFの仕様開発に参画し、すぐさまOCF検定を開始、トラブルのないソフトウェアを供給することで、図面の電子納品の普及において大きな役割を果たしてきました。現在、多くの発注機関でOCF検定認証ソフトを利用することが、規定もしくは推奨されています。
しかしながら、国のCALS/ECへの取組みは、「国土交通省アクションプログラム2008」の期限である2010年度以降については示されていません。過去10年以上にわたるCALS/EC活動において、入札関連など、当初の想定レベルに達して一定の成果を上げた施策も多くありますが、「CADから数量」や「3次元情報の活用」など、残念ながら未達成のテーマも少なくありません。また比較的新しい情報化施工の分野は今まさに運用拡大中です。
かりに今後CALS/ECの名称が使われなくなるとしても、建設業のICT活用が進化し続けるのは間違いなく、ベンダーとしては、これまで未達成だったテーマや、最近話題のCIM(ConstructionInformationModeling)などへの対応が求められます。OCFとしては、CADデータの高度利用に関わる重要なテーマに関して、ベンダーの視点から、標準の提案やルール作りにおいて積極的な活動を展開していきます。

■SXF技術者の一層の普及についても、CADデータの高度利用の観点から取組みを強化していきます。
昨年図面のPDF運用検討の話がありましたが、現在のSXFは一部を除き、紙の代わりの見た目程度が主です。しかし後工程で利活用するには、CAD製図基準案等の作成ルールにきちんと則っていること、利活用に必要な属性が付与されていること等が大前提となります。
それには、OCF検定で認証された正しいソフトウェアを使い、かつ知識・ノウハウを備えたユーザー(SXF技術者)がおこなうことが最も確実です。このポイントを改めてアピールしていきたいと思います。

■国内建設市場の厳しい状況は続きそうですが、震災復興事業が今年あたりから本格化する見通しですし、全国的にもインフラの保守や防災への関心は高まっています。また地方自治体、特に市町村のCALS/ECについてはまだまだこれからです。CADデータ交換の課題解決という会の設立趣旨を踏まえ、広い視野から、OCFにこそできること、OCFだからやるべきことに引き続き取り組んでいきたいと思います。
会員の皆さまのご協力を宜しくお願いします。

具体的には、
・図面の電子納品を支えるOCF検定の品質を維持し継続する。
そのうえで、
  1. 図面の高度利用の促進
    • SXF図面に属性を付加して利活用する、属性セットの策定・普及を後押しする。
    • 各種属性セット検討案の実装の課題を整理し、ベンダーからも提案していく。
      CADから数量算出、DM変換仕様、河川工事完成図等のほか、設計から施工への連携における新たな提案なども
    • 高度利用こそSXF技術者が必要とされる場面である。
  2. CIM勉強会の設置
    • 3次元対応を含めてCIMの方向性についてベンダー視点から検討する。
  3. 地方自治体との連携強化
    • 国の旗振りによる一元的なCALS展開は一段落したが、建設業全体としてはまだこれからである。
    • 多様な取組みを考慮したSXFの普及・高度利用を推進していく。
    • SXF技術者の活用のアピール強化。
代表理事 竹内幹男



OCF検定

OCF検定とは、市販CADソフトウェアのSXF仕様への準拠性を検証し、ユーザーに判断材料を提供するもので、以下を目的としています。
  • CADソフト間におけるSXFの円滑なデータ交換を可能にします。
  • SXF対応CADソフトの実装状況を公開し、データの再利用性を高めます。
  • 検定に合格したアプリケーションには「OCF検定」のロゴマークを付与し、品質保証の一助とします。
OCF検定は、CADソフトウェアやビューアなどに搭載されるSXFの入出力機能が適正かどうかを、公開された基準に沿って技術的に判定します。 これによりユーザーは、ソフトウェアの選択や使用方法に関する判断材料を得ることができ、より確実なデータ交換が可能になります。
OCF検定



SXF技術者検定試験

電子納品の開始にともない、現場レベルでは、各要領や基準とSXFに対する知識や情報が不足しているため、正確な電子納品やデータ交換に対応できず、 必要とされる運用ノウハウを得るための方策が求められています。
SXF 技術者検定試験は、電子納品に携わる人にとって必要とされる、
  • 電子納品全般についての基礎知識
  • 電子納品全般の正しい運用
  • 電子納品のためのCAD製図
に関わる全般的な情報をまとめ、必要とされる基礎知識に対する能力を客観的に評価し検定するもので、 これをもってSXFの普及とSXF技術者の利用能力の向上を図ることを目的とします。 また、合格者は、関連業務で指導的な立場で活動でき、社会的地位を向上させることにもつながります。
SXF技術者検定試験


OCFヒストリー


  • 2011年度
    • (社)建設コンサルタンツ協会「2011CADセミナー」に協力 (11月、全国8会場)
    • 2011年度 SXF技術者更新セミナー開催 (9/1〜11/30)
    • 2011年度 SXF技術者検定試験開催 (7/25〜11/30)
    • SXF技術者検定試験対策セミナー講師 (6/29)
       (主催:長野県ITアドバイザーセンター)
    • 定時社員総会 (6/16)
    • OCF検定 OCF検定基準の改訂(画像描画の強化) (4月)

  • 2010年度
    • (社)建設コンサルタンツ協会「2010CADセミナー」にて講師 (11月、全国9会場)
    • 第13回OCF検定監査委員会(9/16、秋山新体制発足)
    • 2010年度 SXF技術者更新セミナー開催 (9/1〜11/30)
    • 2010年度 SXF技術者検定試験開催 (7/26〜11/30) 期間を1ヶ月延長
    • SXF技術者検定試験対策セミナー講師 (6〜7月)
       (主催:長野県ITアドバイザーセンター、他)
    • 定時社員総会 (5/21)
    • OCF検定 SXF確認機能検定の初の認証 (4月)

  • 2009年度
    • OCF検定 SXF確認機能検定開始 (11/1)
    • 2009年度 SXF技術者更新セミナー開催 (9/10〜11/30)
    • 2009年度 SXF技術者検定試験開催 (7/24〜10/31)
    • SXF技術者検定リファレンスブック(PDF)を無料公開 (6月)
    • SXF技術者検定試験対策セミナー講師 (6〜8月)
       (主催:長野県ITアドバイザーセンター、建通新聞社、他)
    • 定時社員総会 (5/22)

  • 2008年度
    • 一般社団法人として登記 (2009/2/9)
    • 展示会出展 CALS/EC MESSE 2009(TFT) 同セミナー (2009/1/22-23)
    • 臨時社員総会 有限責任中間法人から一般社団法人へ名称変更(2009/1/20)
    • ホームページをリニューアル (2009/1/15)
    • OCF検定 SXFVer.3.1に対応した検定開始 (10/1)
    • 第2回 SXF技術者更新セミナー開催 (9/16〜11/30) CBT方式に変更
    • 第5回 SXF技術者検定試験開催 (7/25〜10/31) CBT方式に変更
    • SXF技術者検定試験対策セミナー講師(長野県内) (6〜7月)
    • 定時社員総会 (5/23)

  • 2007年度
    • 展示会出展 CALS/EC MESSE 2008(TFT) 同セミナー (2008/1/24-25)
    • SXF技術者検定試験合格者のWEB登録システム運用開始 (2008/1/24)
    • OCF検定 新体系に移行 (10/1)
    • セミナー講師 福島県測量設計業協会・建設CALS/EC対応CAD説明会 (9/13)
    • セミナー協賛 関西大学「建設情報化のトレンド」 (8/30)
    • 第1回 SXF技術者更新セミナー開催 (8/21〜8/30 全国7ヶ所)
    • 第4回 XF技術者検定試験開催 (7/22)
    • 定時社員総会 (6/26)

  • 2006年度
    • 展示会出展 CALS/EC MESSE 2007(TFT) 同セミナー (2007/1/25-26)
    • OCF検定 道路基盤データ属性セット検定開始 (12/1)
    • セミナー後援 札幌CALS/ECセミナー (8/8)
    • 第3回 SXF技術者検定試験開催 (7/23)
    • 定時社員総会 (6/14)

  • 2005年度
    • 展示会出展 CALS/EC MESSE 2006(TFT) 同セミナー (2006/1/26-27)
    • セミナー講師 土工協CALS/EC部会「SXFファイルの取扱い」(12/9)
    • 展示会出展 建設技術フェア2005in中部 (11/17-18)
    • セミナー後援 札幌CALS/ECセミナー (8/26)
    • OCF検定 SXFVer.3.0に対応した検定開始 (7/1)
    • 第2回 SXF技術者検定試験開催 (7/24)
    • 定時社員総会 (5/26)

  • 2004年度
    • OCFホームページをリニューアル (2005/3/1)
    • 臨時検診 用紙サイズの種別の保持と確認 (2005/2/20)
    • セミナー講師 神奈川県測量設計業協会横浜支部 (2005/2/9)
    • 展示会出展 CALS/EC MESSE 2005(TFT) 同セミナー (2005/1/20-21)
    • セミナー講師 建設IT フォーラム2004 長野 (12/17)
    • OCF活動プレゼン 国総研基盤情報研究室 (12/6)
    • 展示会出展 建設技術フェア2004 in 中部 (11/17-18)
    • 展示会出展 AEC SYSTEMS JAPAN 2004 (10/13-15)
    • 展示会出展 技術 e-フォーラム (9/21-22)
    • セミナー講師 札幌ベンダーフォーラム (8/27)
    • 第1回 SXF技術者検定試験開催 (7/25)
    • セミナー講師 IT CITY MESSE in GIFU (7/16)
    • 定時社員総会 (6/2)
    • セミナー講師 OCFの役割と技術者支援マニュアルについて (5/11)
    • 臨時検診 作図グループの取り扱い (5/20)

  • 2003年度
    • CALS/EC MESSE 2004に出展とセミナー (2004/1/22〜1/23)
    • 法人化後の第1回総会 (6/25)
    • 有限責任中間法人登記 (6/6申請、6/18完了) 事務所移転
    • 臨時総会 (5/29)

  • 2002年度
    • 総会 (2003/4/16)
    • 建設CALS標準化の行方のセミナーに協賛と講演 (2003/2/17、2/19)
    • CALS/EC MESSE 2003に出展とセミナー (2003/1/23〜1/24)
    • 建設ITナレッジ2002に出展とセミナー (10/30〜11/1)
    • CEATEC Japanに出展とセミナー (10/1〜10/6)
    • 土木CAD製図操作マニュアル(案)第1版をWEB公開 (9月)
    • P21対象の検定開始 (9/26〜)
    • 大塚商会CLASセミナー (東京2回、千葉、名古屋)
    • 測量・設計システム展出展とセミナー (7/5)
    • STEP国際会議参加 (6月 ストックホルム)
    • 「IT in Transportation 2002」参加 (5月 カナダ)

  • 2001年度
    • 総会 (2002/4/4)
    • 建築学会情報システム技術委員会シンポジウム(2002/2/21)
    • STEP国際会議参加 (2002/2月 マートルビーチ)
    • OCF検定説明会の開催 (2002/1/31)
    • CALS/EC MESSE 2002出展とセミナー (2002/1/30)
    • STEP国際会議参加 (10月 福岡)
    • CEATEC Japan出展とセミナー (10/2)
    • OCF検定開始 (9/21〜)
    • AECシステム展出展とセミナー (9/19〜9/21)
    • 大塚商会CALSセミナー
    • STEP国際会議参加 (6月 サンフランシスコ)
    • 「SXFキックオフセミナー」開催 (6/1)

  • 2000年度
    • 総会 (2001/4/3)
    • 臨時総会 (2001/3/21)
    • OCFセミナー (各地にて)
    • 大塚商会CALSセミナー (埼玉、大宮、東京、仙台、千葉)
    • CEATEC Japan出展とセミナー (10/5〜10/6)
    • STEP国際会議参加 (6月 ボルドー)

  • 1999年度
    • 総会 (2000/3/24)
    • CAD/CG/GIS/GPSの関西情報発信セミナー (12/1)
    • 土木学会セミナー (11月)
    • 大塚商会CALSセミナー (札幌、名古屋、東京、仙台、大阪)
    • ComJapan出展とセミナー (11/2,11/5)
    • AECシステム展出展と主催者セミナー (9/1〜9/3)
    • 建設業のための「STEP入門セミナー」開催 (5/26)

  • 1998年度
    • 総会 (1999/3/18)
    • CADデータ標準開発コンソーシアム(SCADEC)に参画
      (1999/2〜 評議委員及び運営委員)
    • ホームページ開設 (1999/2)
    • 測量機器工業会ソフト部会にて説明
    • 建設コンサルタンツ協会近畿支部にてセミナー
    • 土木学会情報システムシンポジウムにてパネラー
    • OCF仕様によるデータ交換検証会 (11/14)
    • COM JAPAN出展とセミナー (11/10〜11/13)
    • STEP国際ワークショップに参加 (10/12)
    • AECシステム展出展とセミナー (9/9)
    • パソ協から独立し、CADベンダー13社によりオープンCADフォーマット評議会として設立総会 (5/27)

  • 1997年度
    • 社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(パソ協)CAD部会に、汎用的な2次元CADデータフォーマットの策定を目的に、CADベンダーが集合しワーキンググループとして発足。