OpenCIMForum‖オープンCADフォーマット評議会

OCF‖オープンCADフォーマット評議会

OpenCIMForumの活動

  OpenCIMForumは、CIM(Construction Information Modeling/Management)の推進における技術的な課題に対して、ソフト・ハードベンダー一体となって取り組んでいます。
 官民のBIM/CIMの取組みを支援し、CIMモデルによるスムーズなデータ連携などCIM時代に対応した情報の流通基盤を提供します。


発足と経緯

 国土交通省の提唱するCIMに対して2012年9月よりOCF内にCIM検討WGを設置し、動向の情報収集やCIMを見据えた情報流通のありかたについての検討、既存データ形式による連携の実態調査・検証等の活動をおこなってきました。

 2012年度末からJACICのCIM技術検討会に参画し、そこでの検討内容(今後の技術的課題とロードマップ案)を踏まえ、準備期間を経て、2014年4月、より積極的にCIMを推進するための組織として「OpenCIMForum」を発足させ活動を始めました。

 その後2016年からは国土交通省のCIM導入推進委員会(現:BIM/CIM推進委員会)に加わり、その間ベンダーとして国総研の「LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準(案)」の実装及び仕様拡張に取組み、また毎年各地でCIMセミナーを開催するなどしてきました。
 必ずしもCADに限らず広くBIM/CIMベンダーの参画を募り、個別ベンダーでは担いきれないCIM推進の課題に対応しています。


2019年度活動計画

◆基本方針◆

 OpenCIMForumの活動は、2019年度から一般社団法人OCFのBIM/CIM委員会が担当します。

 2012年に国交省の業務のCIM試行が始まって以来、BIM/CIMは7年が経過しました。その後工事への展開、またi-ConstructionにおけるICT施工の推進、ドローン等の新技術の急速な進展等もあり、建設情報の3次元化は目覚ましく普及してきました。

 しかしながら、建設事業全体の生産性を2割向上するという目標においてBIM/CIMが本当に役に立つものと位置づけられるには、3次元化による可視化だけでなく契約図書化に向けた3次元表記や4Dの数量算出、5Dの工程の連動等、まだ多くの課題があります。

 引き続き国交省のBIM/CIM推進委員会を主体としたBIM/CIMの検討・推進の場にソフトウェアベンダー代表として積極的に参画し、「J-LandXML」始め関連する仕様類の策定・拡充を支援します。またCIMセミナーの開催やWeb等を通じたユーザーへの情報発信に取り組んでいきます。

 本年度は委員会傘下に以下のWGを設置して活動します。

@ LandXML-WG
 ◇目的◇ 国総研「LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準(案)」(以下、J-LandXMLとする)の交換仕様拡張の検討
 ◇活動内容◇ ・3次元モデルによる工事数量算出に関連する属性情報の拡張
・土質区分別地層データの追加
・施工区分別数量算出根拠データの追加
・計画サーフェスへの掘削境界面の追加
・J-LandXML普及活動
・WEBサイトでのJ-LandXML作成手順書公開
・データ交換結果公開
・国土交通省BIM/CIM推進委員会の関連SWGへの参加
A 3次元表記標準-WG
 ◇目的◇ 国土交通省のBIM/CIMを進めるにあたり、3Dモデル化を求められる3DAについて、実装仕様・データ互換について、情報収集とOCFとしての提案を取りまとめていく
 ◇活動内容◇ ・国交省BIM/CIM活用WG等、外部委員会参加(bSJ土木委員会を除く)
・国交省・建コン協・日建連等のユーザーニーズ、実運用における問題点を共有し、ベンダ−として交換仕様の強化案を検討し、国総研へ提案する
・3DAのデータ交換仕様の検討(bSJデータ連携小委員会と協力)
B 3D数量-WG
 ◇目的◇ 国土交通省が推進するi-ConstructionおよびBIM/CIMの発展に向け、CIMモデルを利用した3D数量の算出が円滑に行えるよう、土木工事数量算出要領(案)に対する数量算出方法の提言、および、各種業界団体への情報提供を行う。
 ◇活動内容◇ ・国交省BIM/CIM活用WG等、外部委員会参加
・LandXML_WGと連携しながら取りまとめた内容をBIM/CIM活用WG等で提言
・国交省、建コン協、日建連等の民間団体からの数量算出に関する問い合わせおよび要望に対する対応


* OpenCIMForumに関するお問い合わせは、このメールフォームをお使いください。

© 2019 OCF